コラム

2021.04.07 水曜日 | DIY全般コラム

DIYでよく使う1×4材、2×4材って何?~木材サイズの基礎知識~

ザッキー

ザッキー

スキマ時間は動画で世界のディズニー旅行。ミッキー大好き女子

  • instagram

棚などをDIYしてみようと思った時、作り方を検索してみると、
必要な材料リストの中に「1×4材」、「2×4材」ってよく登場しますよね。

「これって一体何のこと?」と思った方もいるかと思います。
今回のコラムでは、1×4材・2×4材をはじめとする、木材の「断面(木口)」のサイズと「長さ」について解説していきます。

1×4材・2×4材って何??

1×4材・2×4材とは、規格の統一された木材のことです。
読み方は1×4→「ワンバイフォー」、2×4→「ツーバイフォー」と読みます。

ホームセンターなどで1×4材、2×4材の木材を探せば、全国どこでも同じ大きさの木材が手に入ります。
安価で加工がしやすいため、DIY初心者から熟練者まで愛用される木材です。
店頭では「SPF材」と表記されていることもあるので、覚えておくと見つけやすくなりますよ😊

断面のサイズによって、1×4(ワンバイフォー)、2×4(ツーバイフォー)、2×6(ツーバイシックス)などと呼ばれています。
ファブラックには1×4材・2×4材用の棚受けなど、それぞれの木材サイズに対応した商品がありますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

主要な木材の断面(木口)サイズ <ワンバイ材>

主要な木材の断面(木口)サイズ <ツーバイ材>

主要なサイズだけでも、かなりの種類がありますね。
その中でもDIYで一番お世話になるサイズが、
ワンバイ材の中では「1×4」、ツーバイ材の中では「2×4」になるのではないでしょうか。

1×4材・2×4材は、ほとんどのホームセンターで購入できるサイズです。
初めてDIYに挑戦する方は、まずこの2つのサイズを手にとってみるのも良いかもしれませんね。

木材の長さは?

木材の断面サイズはもとより、長さも重要な要素。
ホームセンターなどの店頭では、「ft(フィート)」という単位で表記されることが多いです。
長さの規格は5種類です。
※全ておおよのサイズです。木材が乾燥して縮むことがありますので、数ミリ単位の誤差がある場合があります。


なかなか馴染みのないサイズ表記なので分かりずらいですよね。
でもmmやcmに換算してしまえば簡単!
寸法を測るときの参考にしてみてくださいね。


いかがでしたでしょうか。
今回は、1×4材・2×4材をはじめとする、木材の「断面(木口)」のサイズと「長さ」についてご紹介しました。

DIYでミスが起こりやすいのが寸法。
「あれ?最後の最後で数センチ合わない😱」
このようなことにならないように、まず木材自体のサイズをちゃんと理解しておきましょう!
実際にホームセンターで購入する際の参考にもしてみてください。

  • instagram