コラム

2020.12.16 水曜日 | その他

撮影スタジオ製作ストーリー #10

ザッキー

スキマ時間は動画で世界のディズニー旅行。ミッキー大好き女子

  • instagram

みなさん、こんにちは!
ザッキーです。

さて、前回のコラムでは壁面の仕上げ作業の様子をお届けしました。
前回の内容忘れてしまったよ!という方は、こちらからご覧ください🙇🏻‍♂️

今回は床面の仕上げに取り掛かります。
それでは、コラムスタート!

スタジオ製作もいよいよ終盤!~床仕上げ~


最後は床の仕上げ作業です。
CF(クッションフロア)を貼っていきます。
床の養生をとったら、まずはお掃除♪
ホコリや汚れはCFを貼った際に表面が浮く原因となるので念入りに!


掃除が終わったらCFを仮敷きして大体の大きさを測っていきます。
床のサイズよりも少し大きめにカットし、早速床に貼っていきます!


まずは1枚目!ズレ・ヨリ防止のためCFを折り畳み、半分ずつのり付けして貼っていきます。
のりはS字を描きながら「薄く均等に」を意識して塗っていきます。
のりが均等に塗れていないと、表面の浮きの原因となるので注意が必要です。
さらに、掃除で取り切れなかった細かいゴミをのりと一緒にからめとっていきます。


CFを貼ったら、特製のハケ(といっても余った木材にタオルを巻いた即席のもの)で空気を押し出しながら圧着していきます。
中心から外側に向かって雑巾がけをするように空気を追い出していきます。
圧着ができたら、もう半分も同じように貼り、さらに2枚目も貼っていきます。(2枚目は天井のクロスと同様に重ね貼りをしていきます)

床の仕上げ作業の様子がこちら👇🏻

 


2枚目まで貼り終えたら余分なCFをカットしていきます。
ここで登場する道具がパーキリ
ちょこっと出ている刃を壁際に押し当てながら、横にスライドさせてカットします。(パーキリがない場合、地ベラとカッターでカットする方法もあります)
しっかり力を入れないと途中でCFが浮いてしまい、綺麗にカットができなくなるので要注意!
最後まで気を抜かないように…


一発勝負の作業を任され、ドキドキでしたがなんとか綺麗にカットできました!良かった~

こんな風にカットしました👇🏻

 


続いてつなぎ目をカットしていきます。
2枚分のCFを同時にカットしていくのでかなり力が必要です。
クロス貼りの時と同様、カッターの刃は離さずに定規をスライドさせながらカットしていくことがポイントです。
カットした部分を取り除き、つなぎ目をローラーで圧着したら完成!

ついに撮影スタジオ完成!!


4日間をかけて撮影スタジオが完成しました~
自分で言うのもなんですが、素人がここまでのクオリティーのスタジオを作れるなんて思いもしませんでした。
達成感半端ない!!

最後に…

製作初日は工具の扱いにも慣れず、こんな状態で完成まで辿り着けるのかとても心配でした…
ですが、「習うより慣れよ」という言葉通り、数をこなしていくことで段々とコツが掴めて、作業スピードもUP!
自分成長してるな~と感じました笑
ハサミとのりで工作してきただけのド素人の私でも、今では一端のDIYヤーです笑

実は、撮影スタジオの製作を始めるまでは、DIYってちょっと手を出しにくいな…と思っていたんです。
が!実際は気軽に楽しめるし、何より自分の手で素敵なモノや空間を作れるって最高に面白い!ともうDIYの虜になりつつあります笑

製作メンバーのほとんどがDIY初心者。
みんな最初は不安の中でのスタートでしたが、村上社長の指導やアドバイスを受けながら着々とスキルを上げ、それぞれ楽しみながら作業をしていました。
1日の作業が終わるたびにスタジオが変わっていく姿を見て「ここまでできたぞー!!」という達成感を味わえるのもDIY良いところですね♪

最後に一皮むけた製作メンバーの集合写真をどうぞ!

みんないい笑顔😊


撮影スタジオ製作コラムは今回で最終回となります。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
このコラムを読んで、ちょっとでも「DIYって面白そう!」とか「気になる~」と思っていただけたら嬉しいです。

ザッキーでした!

  • instagram

関連記事